海炭市叙景
監督:熊切和嘉
製作:菅原和博、前田紘孝、張江肇/プロデューサー :越川道夫、星野秀樹
脚本:宇治田隆史/原作:佐藤泰志/撮影:近藤龍人
美術:山本直輝/音楽:ジム・オルーク
【キャスト】
谷村美月/竹原ピストル/加瀬亮/南果歩/小林薫/大森立嗣/あがた森魚
(2010年/日本/製作作品/公開年2010年)
函館市がモデルの“海炭市”を舞台に、そこに生きる人々の暮らしを描いた同市出身の作家・佐藤泰志の未完の
短編小説を基に、同じ北海道出身の熊切和嘉監督が映画化。
18の短編の中から5編を選び、脚本を担当した宇治田隆史(大阪芸術大学の同胞)とパズルを組み合わせるように
物語を紡いでいったという。函館山や路面電車、造船所など象徴的なロケーションが登場するが、
決して観光都市としての函館が描かれているのではなく、そこには移ろいゆく地方都市の姿があるだけだ。
そこに加瀬亮、谷村美月、小林薫らのキャストが溶け込んで、見事なアンサンブルを奏でている。それを優しく
包み込むようなジム・オルークによる美しいスコアにも注目。