モデルカップル Le couple temoin
監督:ウィリアム・クライン
音楽:ミシェル・コロンビエ
衣装:アニエスベー、キャシャレル
【キャスト】
アネモネ/アンドレ・デュソリエ/エディ・コンスタンティーヌ

(1977年/フランス・スイス/カラー/公開年2002年)
未来省のプロジェクトである新しい都市が建設中であり、この都市に住む「モデル・カップル」として典型的な
フランス人の若いカップル、ジャン=ミッシェルとクローディーヌが選ばれる。アパートメントでのモダン・ライフは、
社会心理学者の監視の下で、寝食からセックスにいたるまで細かな調査を受ける。
アニエスベーによるジッパーを使ったコスチューム、カルテルのプラスチック家具、安全ガラス製の食器セット、
ゾラとバルザックの書箱…最新の家電や家具に囲まれた部屋で、好きなように時間を消費する権利をもったカップル。
2人は当初選ばれたことを幸運に思っていたが、次第にそれが苦痛に満ちたものであることが分かってくる。
2人はこの未来都市の住人としてのいわば実験用モルモットに過ぎない。2人の生活は、フランス全土にTV中継され、
大臣や未来学者もカップルのディナーを訪問し、野次馬と化した国民はモデル・カップルの話題に終始するが・・・。