王様の耳はロバの耳



(1950年/チェコ/カラー)

王様がロバの耳を持っていることは、誰も知ってはならない秘密。
ある日、王様の散髪のために、町の散髪師が選ばれて…。有名な童話をベースに、
散髪屋の娘をはじめ、ゼマンがとぼけたキャラクターを駆使してユーモラスかつ風刺たっぷりに描いた作品。
社会主義の国にも処世術はある、という隠し味がおもしろい。