ほら男爵の冒険 BARON PRASIL
監督・脚本・美術・演出:カレル・ゼマン 
撮影:イジー・タランチーク 
音楽:ズデニェク・リシュカ 
【キャスト】
ミロシュ・コペツキー/ヤナ・ブレイホヴァー/ルドルフ・イェリーネク

(1961年/チェコスロヴァキア/カラー/公開年2004年)
おしゃれで大らかなユーモア満載の冒険ファンタジー!
空想の大好きなほら男爵 が、想像=創造の世界を自由に遊ぶ『ほら男爵の冒険』。
宇宙飛行士のトニークはよ うやく月面に降り立った。人類最初の月面着陸のはずが、月面にめり込んだ古風な
ロケットを発見する。そこには【ジュール・ベルヌ、月世界探検 1865】と記載され ている。
トニークは空想の力ですでに月に到着していたシラノ・ド・ベルジュラックとほら男爵フォン・ミュンヒハウゼンに
出迎えられる。
そして、トニークは男爵の案 内でペガサスの引く帆船に乗り、地球へと旅立つ・・・。
なんとも奇想天外なプロロ ーグ。『ミュヒハウゼン男爵の眩惑』を監督したジョルジュ・メリエスへのオマージュとも
いえる詩心と、イマジネーションに溢れた傑作!背景にギュスターヴ・ドレの挿絵が使われたり、エスプリのきいた
剣豪詩人シラノ・ド・ベルジュラックの存在、 囚われの美女ビアンカ王女の美しさもお見逃し無きように!