悪魔の発明 VYNALEZ ZKAZY
監督:カレル・ゼマン/原作:ジュール・ヴェルヌ 「悪魔の発明」
美術・演出:カレル・ゼマン/撮影:イジー・タランチーク 
音楽:ズデニェク・リシュカ/セット:ズデニェク・ロスコパル 
【キャスト】
アルノシュト・ナヴラーチル/ルボル・トコシュ/ヤナ・ザトロウカロヴァー 

(1958年/チェコスロヴァキア/B&W/公開年2004年)
今から100年前に書かれたジュール・ヴェルヌの小説を映画化した、ゼマン代表作 『悪魔の発明』。
まるで挿し絵のような銅版画の味わい深いモノクロ映像。セットか ら小道具まで細部にわたるこだわりの数々。
ここまで手の込んだ美術品のような映像 は、公開当時はもちろん、コンピュータで何でも作れてしまう現在だからこそ、
この 独創性と手作業の素晴らしさに驚かされることだろう。19世紀末から20世紀初頭、科 学と技術が新たな人間の
夢を実現しようとしていく時代。人々はきっと夢と希望に満 ち溢れていたのだろう。SL 、自動車、飛行船、潜水艦、
気球、大空と深い海を駆け めぐる冒険の数々。しかし、科学と技術の発展は豊かさだけではなく、
危険性を孕んでいるのだ。ゼマンはそれを、ユーモアもまじえて警告する。