ラ・ヴァレ La Vallee
制作・監督:バルベ・シュローデル
脚本:ポール・ジェゴフ、バルベ・シュローデル
撮影:ネストール・アルメンドロス
編集:ドニーズ・ド・カザビアンカ/音楽:ピンクフロイド「雲の影」
【 キャスト】
ビュル・オジエ/ジャン=ピエール・カルフォン/マイケル・ゴサード
ヴァレリー・ラグランジュ/ジェローム・ボーヴァルレ
(1972年/フランス/カラー/公開年2007年)
処女の地「ラ・ヴァレ/谷」を目指して、未知なる狂気の旅が始まる・・・。
「西洋文明から最も遠い場所」オーストラリア領パプアとニューギニアの奥地でオール・ロケを慣行した映像は、
土着民の原始的な祭礼をはじめ、幻想的な密林の表情を見事に描き出している。未開の地を舞台に、
極楽鳥の珍しい羽根を採し求めていたパリのブルジョワ夫人は、若い冒険家たちと出会う。彼らの生き方に心惹かれ
た夫人は、探検隊とともに地図に空白を残した処女の地を目指す。
夫人は富を投げうち、規則や制約から解放されてアダムとイヴのように裸になって秘境の谷、緑の楽園を旅していく。
まるで彼女の肉体からはある神秘の力が発散されたかのようだった…。