Ziggy Films '70s
バードシット

音楽:キャット・スティーヴンス (Cat Stevens)

1948年7月21日生まれ イギリス/ロンドン出身


60年代後半〜70年代後半の音楽シーンを代表するシンガー・ソングライター。79年に音楽活動をやめ、現在はユスフ・イスラムと改名してロンドンで二つのイスラム教学校を経営している。

ギリシャ系キプロス人の父とスウェーデン人の母親のもと、ロンドンで生まれた。 父親はギリシャ正教、母親はバプティスト、学校はカソリック系に通い、8歳ころ レストランを営んでいた両親が離婚、その後二人が再婚という複雑な家庭環境 で育ったためか、早くから思索したり、絵画や音楽を創作したりすることに目覚 めた。16歳のころから音楽活動を始め、18歳の時、シングル「アイ・ラブ・マイ・ドッグ」(66年)でデビュー。イギリスのチャートでトップ10入りを果たし、ティーン・ポップ・センセーションの中心人物として一躍注目された。しかし68年、19歳のときに結核を患い、1年以上の休養を余儀なくされた。療養生活を送りながら菜食主義に転向し、瞑 ルース・ゴードンとハル・アシュビー 若き日のキャット・スティーヴンス 想や宗教などの書物を読みふけったこの時期、40余りの作品を創作。復帰後、フォーキーで内向的な世界が描かれた『白いバラ』(70年)の歌詞は同時代を生きる若者を中心に圧倒的な共感を得るところとなった。

代表作は日常の風景や問題を題材にキャッチーな言葉がちりばめられた『父と子』。このアルバムは30年の時を経て2001年、アメリカでの売り上げが300万枚に達し、全米レコード協会からマルチ・プラチナムに認定された。また2003年には『ローリング・ストーン』誌が選んだ『史上最も素晴らしい500枚』のリストで206位にランクされた。 また1971年のアルバム『ディーザー・アンド・ファイヤーキャット』も当時ビルボードのチャートで2位を獲得し、発売後3週間でゴールドディスクに認定された。このアルバムには讃美歌をカヴァーした「雨にぬれた朝」や「ピース・トレイン」「ムーンシャドウ」などのヒット曲が収録され、『父と子』同様、アメリカで300万枚の売り上げを記録、2001年に『父と子』とともに全米レコード協会からマルチ・プラチナムの認定を受けた。

1975年にはヒット曲を収めた『グレイテスト・ヒッツ』が全米で400万枚のヒットとなったが、1977年、兄からもらったコーランを読んで感動。78年のアルバム『バック・トゥ・アース』を最後に音楽活動を停止し、79年にイスラム教に改宗。現在はロンドンで慈善活動、教育活動に身をささげ、4児の父親として暮らしている。

7月3日(土)より 『バード★シット』
7月17日(土)より『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』
新宿武蔵野館にて2作品連続ロードショー
その他、全国順次ロードショー 詳細はこちら

配給/日本スカイウェイ、アダンソニア    配給協力/コミュニティシネマセンター     宣伝/メゾン

「お問い合わせ/新宿武蔵野館」
TEL 03(3354)5670     http://shinjuku.musashino-k.jp